債務整理における家計簿の重要性

債務整理において、借金の返済がない場合、家計がどの程度黒字となるのか、言い換えれば、どの程度借金の返済にまわせるか、が非常に重要です。


借金の返済がないと仮定した場合に、家計の黒字がほとんどないときには、過払い金により債務が完済できる場合を除き、破産手続を選択するほかありません。


家計が一定の黒字を確保できていれば、個人再生任意整理などの選択肢が広がる場合もあります。


また、借金の返済がなくても赤字になる場合には、債務整理の手続以前に、家計を見直す必要があります。
債務整理は、経済的に立ち直っていただく出発点に過ぎません。


また、債務整理により、いわゆるブラックリストに掲載されてしまうため、急な出費が必要となったときに、借り入れに頼ることもできません。


是非、経済的な立ち直りのために、家計簿を付ける習慣をつけていただきたいと考えています。

  soudankai03.pngのサムネール画像  

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用
 

ImgTop2.jpg

 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。 ※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。