相続放棄

相続は、財産だけでなく、負債すなわち借金も対象となります。その結果、相続人の方に債権者から請求書が届く場合があります。


相続人の方は、債務を相続したくない場合、相続放棄の手続をとれば、債務を相続せずにすみます。
当然ですが、相続放棄をすると財産も相続しません。


もっとも、相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に行う必要があります。


また、相続人の方が被相続人の預金を引き出して使うなど相続放棄と矛盾する行動をした場合、相続放棄が認められない場合もあります。


その一方で、資産が多いのか、負債が多いのか判断が難しい場合には、限定承認という制度もあります。


借金を負った方の相続人になったことを知ったときは、お早めに弁護士に相談することをおすすめします。

  soudankai03.pngのサムネール画像  

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用
 

ImgTop2.jpg

 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。 ※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。