借金問題でお困りの方は寺部法律事務所にお任せ下さい! 初回相談無料 開設以来1,000件の解決実績 地元密着の親身な対応 寺部法律事務所 豊橋市から愛知県全域対応 弁護士 寺部 光敏 愛知県弁護士会所属

寺部法律事務所が取り扱っている業務

  • 自己破産 人生の再スタートを切りたい
  • 任意整理 借金の負担を減らしたい
  • 個人再生 家を残して借金減額
  • 過払い金返還 払い過ぎた利息を取り戻す

新着情報

債務整理における寺部法律事務所(豊橋)の6つの強み

  • 1.代表弁護士が一件、一件対応。あなたに合った方法をご提案

  • 2.スピーディーな処理とこまめなご報告

  • 3.豊橋密着で15年、1.000件以上の解決実績

  • 4.受任通知を発送

  • 5.分割払い可能

  • 6.法テラス扶助制度を活用可能

当事務所の解決事例

2021/10/28
完済をした消費者金融会社2社に対し、過払い金返還請求訴訟を提起し、合計600万円を超える過払い金を回収した事例
2021/10/25
カード会社との間の金銭消費貸借取引について、過払い金返還請求権と立替金債務を相殺ししたうえで、過払い金を回収した事例
2021/08/12
消滅時効援用通知を送付することにより、解決した事例
2021/03/11
取引開始時に利息制限法の金利を上回る金利で取引を開始した消費者金融会社との間の金銭消費貸借取引について、過払金返還請求訴訟を提起して、相手方と和解をして過払い金を回収した事例
2020/09/29
取引開始時に利息制限法の金利を上回る金利で取引していたが、後に、利息制限法の範囲内の金利に引き下げられた金銭消費貸借取引について、相手方と和解をして過払い金を回収した事例

あなたに最適な債務整理診断チャート

払い過ぎた利息を取り戻したい!借金の支払いを減らしたい!

あなたに最適な債務整理診断チャート

  • 過払い金に関してはこちら
  • 任意整理に関してはこちら
  • 個人再生に関してはこちら
  • 自己破産に関してはこちら

(注)上記のチャートは概略であり、個別の事案における方針の選択は依頼する弁護士とよく相談してください。

初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。0532-52-0991 営業時間(平日)9:00〜18:00 土曜・祝日時間外 応相談

分類別に見る寺部法律事務事務の解決事例

借金をした理由

豊橋で債務整理・借金でお悩みの方へ

はじめに

 いわゆる多重債務の状態になってしまい、給与の大半が返済に回ってしまい、生活が厳しいという方もいらっしゃいます。

そこで、多重債務の状態に陥った場合には、どのような解決方法があるのでしょうか。

債務整理の方法

 多重債務に陥った方が、借金の問題を解決するための方法としては、主に、任意整理、破産、個人再生の3つの方法があります。

任意整理

 任意整理は、受任通知を発送し、債権者から取引履歴を取り寄せて、利息制限法を越える金利での取引の期間がある場合、利息制限法に基づき、計算をします。

 利息制限法に基づき引き直し計算をした結果、過払いとなった場合には、過払い金を請求します。

 債務が残る場合には、債権者に対し、分割で支払うことを提案します。

 債権者と合意に達すれば、書面を取り交わします。

 任意整理の主なデメリットは、いわゆるブラックリストに載ることです。

 一方、任意整理では、官報には名前は載りませんし、破産手続きのように資格の制限も生じません。

破産手続き

 破産手続きでは、受任通知を発送し、申立書等の書面を作成し、証拠書類等を添付して、裁判所に破産の申し立てをします。

 破産手続きでは、免責決定を受けると、消費者金融会社や信販会社の債務は、原則として支払義務がなくなります。

 なお、税金等の免責の対象とならない債務もあります。

 また、破産法は、免責不許可事由を定めており、常に免責が認められるとは限りません。

 破産手続きの主なメリットは、免責が認められれば、免責の対象となる債務の支払義務がなくなることです。

 破産手続きの主なデメリットは、官報に氏名、住所が掲載されること、ブラックリストに載ること、資格の制限が生じることなどです。

個人再生

 個人再生手続きでは、受任通知を発送し、申立書等の書面を作成し、証拠書類等を添付して、裁判所に申し立てをします。以下、小規模個人再生手続きを前提として説明します。

 個人再生手続きでは、再生計画が認められると、再生計画にしたがって債務がカットされます。

 個人再生手続きの主なメリットは、再生計画が認められれば、再生計画にしたがって債務がカットされることです。

 また、破産手続きと比べて、資格の制限が生じないこと、法律の要件を満たせば、自宅を残したまま手続きができること、浪費やギャンブルが借金の原因でも、個人再生手続きには免責不許可事由に相当する規定がないことなどです。

 個人再生手続きの主なデメリットは、官報に掲載されること、ブラックリストに載ることです。

多重債務の問題は弁護士までご相談ください

 このように、多重債務に陥っても、任意整理、破産、個人再生といった方法があります。

 司法書士の先生でも、借金の問題を取り扱っている先生もいらっしゃいますが、司法書士の先生には、地方裁判所の代理権が認められていませんので、例えば、破産、個人再生の申立手続きを代理人として行うこと、過払い金が140万円を超え、地方裁判所の過払い金返還請求訴訟を代理人として訴訟活動を行うことなどはできません。

 一日でも早く、多重債務の状況から抜け出すために、お早めに弁護士に法律相談をしていただき、一緒に解決方法を考えましょう。

ご相談から受任までの流れ

  • STEP1お電話での予約

    お電話にて相談日のご予約をお取りください。

  • STEP2ご相談当日

    弁護士が相談者の方に状況を伺ったうえで、適切な債務整理手続きをご紹介します。

  • STEP3契約

    ご依頼を希望される場合には、契約手続きに進みます。

  • STEP4受任通知の発送

    ご依頼の当日(時間帯によっては翌日)に、受任通知(弁護士介入通知)を各賃金業者へ発送します。これにより、以後の返済・取立がストップします。

アクセスマップ

債務整理における寺部法律事務所(豊橋)の6つの強み

  • 代表弁護士が一件、一件対応。あなたに合った方法をご提案
  • スピーディーな処理とこまめなご報告
  • 豊橋密着で15年、1,000件以上の解決実績
  • 受任通知を発送
  • 分割払い可能
  • 法テラスの扶助制度を活用可能

当事務所の解決事例

2021/10/28
完済をした消費者金融会社2社に対し、過払い金返還請求訴訟を提起し、合計600万円を超える過払い金を回収した事例
2021/10/25
カード会社との間の金銭消費貸借取引について、過払い金返還請求権と立替金債務を相殺ししたうえで、過払い金を回収した事例
2021/08/12
消滅時効援用通知を送付することにより、解決した事例
2021/03/11
取引開始時に利息制限法の金利を上回る金利で取引を開始した消費者金融会社との間の金銭消費貸借取引について、過払金返還請求訴訟を提起して、相手方と和解をして過払い金を回収した事例
2020/09/29
取引開始時に利息制限法の金利を上回る金利で取引していたが、後に、利息制限法の範囲内の金利に引き下げられた金銭消費貸借取引について、相手方と和解をして過払い金を回収した事例

あなたに最適な債務整理診断チャート

払い過ぎた利息を取り戻したい!借金の支払いを減らしたい!

あなたに最適な債務整理診断チャート

  • 過払い金に関してはこちら
  • 任意整理に関してはこちら
  • 個人再生に関してはこちら
  • 自己破産に関してはこちら

(注)上記のチャートは概略であり、個別の事案における方針の選択は
依頼する弁護士とよく相談してください。

初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。0532-52-0991 営業時間(平日)9:00〜18:00 土曜・祝日時間外 応相談

分類別に見る寺部法律事務事務の解決事例

借金をした理由

ご相談から受任までの流れ

  • STEP1お電話での予約

    お電話にて相談日のご予約をお取りください。

  • STEP2ご相談当日

    弁護士が相談者の方に状況を伺ったうえで、適切な債務整理手続きをご紹介します。

  • STEP3契約

    ご依頼を希望される場合には、契約手続きに進みます。

  • STEP4受任通知の発送

    ご依頼の当日(時間帯によっては翌日)に、受任通知(弁護士介入通知)を各賃金業者へ発送します。これにより、以後の返済・取立がストップします。

アクセスマップ