新着情報

2021年01月20日

緊急事態宣言と当事務所の対応

令和3年1月、愛知県に緊急事態宣言がなされました。 緊急事態宣言を受けて、当事務所では、次のように対応させていただきます。もっとも、今後の感染状況等により、ここに記載させていただいた内容と異なる対応をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了解ください。   まず、緊急事態宣言により、現時点では、愛知県... 続きはこちら≫

2021年01月11日

飲食店の株式会社の破産の手続きは、弁護士さんにどのように相談したらよいですか?

質問 私は、飲食店を営む株式会社を経営しています。私の経営する飲食店は、お客さんが急激に減り、資金繰りが厳しい状況が続いています。私は、今月末の資金繰りが厳しく、破産申し立てを考えています。 私は、弁護士さんに破産申し立てについて相談をしたいと考えていますが、どのように相談したら良いですか?   弁護士の回答... 続きはこちら≫

2020年12月23日

ギャンブルでできた借金の場合、任意整理、個人再生、自己破産のうち、どの手続きを選んだら良いのですか?

質問 私は、ギャンブルにはまってしまい、消費者金融会社から借金をして、ギャンブルに使ってしまいました。 私は、現在、3社から、合計300万円くらいの借金があります。 私は、債務整理の方法としては、主として任意整理、個人再生、自己破産の3つの手続きがあると聞きました。 私は、この3つの手続きのうち、どの手続きを選べば良い... 続きはこちら≫

2020年12月17日

勤務先に内緒で任意整理の手続きをすることができますか?

質問 私は、現在、会社員として働いています。 私は、今の会社に転職する前、勤務していた会社が倒産し、しばらく無職の期間がありました。私は、生活費が不足し、生活費の不足を補うため、消費者金融会社から借り入れをしました。 私は、その後、生活費が不足したときに、消費者金融会社から借り入れを増やしました。 私は、5社の借り入れ... 続きはこちら≫

2020年11月30日

10年以上支払っていない借金について、訴えられた場合は、弁護士にご相談ください

10年以上借り入れも返済もしていない消費者金融会社、信販会社、その会社から債権を譲り受けた会社などから、訴訟を提起された場合、弁護士に依頼をすると、どのように対応をしてくれるのでしょうか?   当事務所では、ご依頼を受けた場合、消滅時効期間が経過している可能性があれば、消滅時効援用通知を配達証明付の内容証明郵... 続きはこちら≫

2020年11月11日

家族の借金について、私が代わりに弁護士さんに依頼できますか?

質問 私の父親は、生活が厳しく、消費者金融から借金をしました。 その後、私の父親は、借金が増えて、約定どおり支払うことが困難な状況です。 私は、私の父親が任意整理をしたほうが良いと考えています。 私が父親に法律事務所に相談に行くように言ったのですが、なかなか行こうとしません。その一方で、私の父親は、私に任せたと言います... 続きはこちら≫

2020年10月29日

任意整理が終わった後の支払いはどうすれば良いですか?

質問 私は、生活費が不足して、消費者金融会社から借り入れをしたり、カード会社でカードを発行してもらい、クレジットで食料品や日用品を購入し、債務が増加しました。 私は、債務が増加したこと、勤務先で残業が減り、収入が減ったことから、約定どおり支払いをすることが難しくなり、弁護士さんに依頼して、任意整理をしてもらおうと考えて... 続きはこちら≫

2020年10月26日

任意整理で和解をした後、支払うことができなくなった場合、どうしたらよいですか?

質問 私は、生活費が不足し、消費者金融会社から借金をしたり、カード会社でショッピングをしたりして、借入金債務や立替金債務が増加しました。 そこで、私は、弁護士さんに依頼して、任意整理をしてもらうこととなりました。私が依頼した弁護士さんは、債権者との間で和解をしてくれて、各社との間で和解がまとまりました。 しかし、私は、... 続きはこちら≫

2020年10月09日

破産手続において、自由財産とは、何ですか?

質問 私は、住宅ローンを組んで、住宅を購入しましたが、その後、転職して、収入が下がりました。私は、その後、生活費が不足し、消費者金融会社から、お金を借り入れ、生活費の不足を補いました。 私は、その後、住宅ローンを支払うことができなくなりました。 私は、やむを得ず、破産申し立てをすることとしました。 私は、弁護士さんに相... 続きはこちら≫

2020年09月29日

債務整理解決事例36:取引開始時に利息制限法の金利を上回る金利で取引していたが、後に、利息制限法の範囲内の金利に引き下げられた金銭消費貸借取引について、相手方と和解をして過払い金を回収した事例

ご相談者:50代(男性)   取引状況:消費者金融会社 2社   相手方 取引開始時期 契約残高   結果 A社 平成14年ころ~ 完済 ⇒ 約190万円の過払い B社 平成13年ころ~ 完済   約500万円の過払い     結果: 弁護士が取引履歴を取り寄... 続きはこちら≫

soudankai03.pngのサムネール画像  

お気軽にご相談下さい!

HOME 弁護士紹介 事務所紹介 アクセス 弁護士費用
 

ImgTop2.jpg

 

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。債務整理のことならお任せ下さい。 ※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。